あなたの人生の物語


by b_inmyhead
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プラネテス

もういい大人なのに神羅万象チョコにハマる。
だってビックリマンが懐かしいんだもの!でも対象年齢3歳以上の文字にへこむ。

プラネテス
全4巻 発売中
幸村 誠




ここ最近買った漫画の中では間違いなくNo1。
1巻を買い、続きが気になり本屋へ。2巻を読み、我慢ができなくなって3・4巻を買いに本屋へ。1日に3回私を本屋へいざなった、それほどの漫画です。
e0052336_033421.jpg
宇宙を舞台に主人公・ハチマキ(左)の成長を描いた物語。
この漫画のいいところはハチマキの成長はタナベ(右)というキーパーソンはいるものの、全て自分で悩み、苦しみ、考え抜いて結論を出しているところだと思う。
ハチマキが苦しみぬいているからこそ、こちらも感情移入できるんだと。
e0052336_0395765.jpg
始めの頃のハチマキは自分の夢(宇宙船を持つこと)以外のことはどうでもよく、だからこそ目標のためだけに力が発揮できると考える現実派。
対照的にタナベは他人や全てに対して、愛がなければならないと考える理想論者でした。

「働きマン」を読むとハチマキのような考え方でなければ先駆者や研究者、世間一般で言う偉人などにはなれないと思う。個人的にもタナベの理想論は好きではない。
しかし作中のタナベの言葉は、深く、どこまでも正しく、心に問いかけてくる。

次第にハチマキも考え方が変わり、そしてその度に悩む。
宇宙空間にいたら、なおさら自分という存在について考えてしまうだろう。
そしてハチマキがある結論に達してタナベに会いに行くのだが、その場面がとてもいい。

e0052336_0522050.jpg漫画を読んでいて、気づいたら普通に涙が流れるなんて久しぶりだった。
悲しいわけでもないのに。感動したわけでもないのに。
タナベがただの理想論者じゃないなと感じ、ハチマキが達した考え方に共感し、二人の生き様に何か私の中に感じるものがあったんでしょうね。

そういうわけで、「プラネテス」超オススメ。
読んだことない人は漫画喫茶でも行って読むといいよ。
4巻通じて、どの話も面白すぎだから。しかもハチマキとタナベ以外にも素敵なやつらばっかりだから読んでて気持ちがいい。

フィーとかユーリとかも大好きだから、また「プラネテス」の感想かければいいなー。
[PR]
by b_inmyhead | 2005-10-18 23:50 | 漫画の感想