あなたの人生の物語


by b_inmyhead
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

少女ファイト

天下統一モード面倒くせEeeeeee!でも新衣装これでしか取れないしなぁ・・・。

少女ファイト
1巻 発売中
日本橋 ヨヲコ



今期、かなりの上位に食い込みそうな良作になる勢い。いかんせん単行本の発刊ペースが遅そうなのでヤキモキしながら待ちる続ける運命になりそう。でも待ちます。待ち続けます。
e0052336_14512562.jpg
大石練はバレーボールの名門・白雲山学園中学校に在籍。小学校時代に全国準優勝の実績を持つ実力者にも関わらず、ある理由から彼女は自分を押し殺しバレーを続けていた。そんな中、彼女はチームメイトの千代をケガさせてしまい代わりに試合に出ることになるが・・・。
e0052336_14545098.jpg
日本橋ヨヲコさんの描く漫画の魅力の大きなところはキャラクターであると思ってます。
少女ファイトでは、主人公の練は彼女の姉である真理を事故で亡くしており、その寂しさから逃れるために嫌いだったバレーに打ち込んでいます。が、バレーは団体スポーツ。勝つためのバレーに執着した彼女は孤立し、そして以後は自分を抑えることになる。
屈折した原因が彼女自身に無い、だが過去に犯した自らの過ちに苦しみ続ける。
基本、練は精神的に弱い子だと思ってます。それは過去にバレーを嫌っていた理由からも明らかかと。それ故に彼女が見せる弱さが読者側の胸を打つ。
e0052336_1584429.jpg
そして弱さと同居する狂気。
また日本橋さんの描く"狂気"って生々しくて時には読むのがつらくなるほどリアル。
姉を亡くして打ち込んだバレー、それのバレーが原因で生まれる確執、それからも逃げ出せずに練は追い込まれていく。人の感情は一言では言い表せないけれども、日本橋さんの描く絵からは極限まで追い込まれた練の感情が伝わる・・・気がする。少なくとも私はそう感じた。
e0052336_15151192.jpg
そして現れたのは姉・真理の元チームメイトの陣内笛子。
苦しみからもがくことすら放棄する練に「生き方が雑だな」と説き、自身のチームに彼女を誘う。彼女がこの時に言った「生き方が雑」「生きてる意味がすべて噛み合うその瞬間」「丁寧に生きろ」という言葉の数々がこの作品のテーマなんじゃないかって感じました。
それにしても「生き方が雑」という言葉は胸に響きました。昨今の世の中に当てはまる言葉なのではないでしょうか。

少女ファイトは単なるスポ根ではなく、非常に重厚なテーマが与えられた作品だと思います。
そういった面でかなり期待。たとえ単なるスポ根になってもちゃんとしたバレー漫画読みたかったからそれはそれで構いませんがね(゚∀゚)

今回の更新では練に比重をおいて紹介しましたが・・・っていうか書きなぐりましたが、他数名のキャラクターの想いも重なっていくところが日本橋さんの描く漫画の魅力でもあり、面白いところだと思うので見逃せないですね。たとえば・・・
・練を真理のようにしないために女子バレー部のトレーナーに専念する滋。
・滋のために練への想いを一歩引いている弟・ミチル。
・小学校時代に練に助けられ、彼女に憧れる学。その学の弟で引きこもりの明。
そして個人的に注目なのが・・・
e0052336_1529762.jpg
白雲山のキャプテンであり、全日本ジュニアの小雪。
実力がともなわないアイドルとして扱われていた小雪は、黙々とバレーに取り組む練と友達になりたいと思っていた。が、自分の実力以上のものを持つ練に嫉妬し辛く当たってしまう。
小雪は優しさと弱さが同居したキャラクターだと思います。
今後の彼女は練に辛く当たった事を罪に背負いバレーに取り組まなければならない。
また、もし練との再戦があるならば、それは練が中学時代もっとも恐れていた昔の仲間との試合になるわけで・・・。そういった要因からも小雪には頑張ってもらいたいですね。
まぁ今後出なくなる可能性も無きにしもあらずですが・・・。
[PR]
by b_inmyhead | 2006-07-30 15:44 | 漫画の感想