あなたの人生の物語


by b_inmyhead
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今から文句言うから!

今日の金曜ロードショーで「タッチ」がやってましたね。
うん・・・・すごいね・・・先週見たゲド戦記がまだ面白く感じるもの。

もう見てて文句しか出てこないから、映画のタッチが好きな人は読んじゃダメ!



映画だから2時間という制約があるのは分かる・・・。
そのために省略しなければいけないことも分かる・・・。
オリジナル要素を入れなくてはならないのも分かる・・・。
でもね、面白くないなら何をやったって意味がないの。
気に入らない所を羅列してくから、読んだ人で判断してください。個人的な主張ですから。

・ボクシングの試合が終わったあとの達也と南のキスシーン
あれだけ間を置いて、しかもベッドの2段まで無言で南が歩いていっているにも関わらず、達也は微動だにせず一言もしゃべらない。不自然にもほどがある。あのシーンは普通に会話している最中に唐突に、しかも自然にキスをするところが良いところだと思う。構えちゃったら意味がない。ああいうシーンこそが「あだち充」の真価なのに。

・和也が死んだ後、橋の下で泣く南のシーン
鉄橋の上を電車が通っていて泣いてる声が聞こえない、これが見所だけども映画は声でまくり。なんのために鉄橋の下なのか?和也の遺体の前で涙を見せずに我慢していた南が、誰にも分からないようにわざわざ鉄橋の下まで行って泣いていた意味が無視されすぎ。っていうかそばに達也がいる意味がわからない。お前は音楽のボリュームMAXにして部屋で泣け!

・達也をけしかけるために勝負を申し込む黒木
金を払う黒木がバカすぎる。仮にも和也が死んだ後に、達也に野球をやってもらおうと考えてる奴が金を払うか?たとえ手段とはいえ、見てて気分が悪かった。まぁ、原作でもボクシング部の主将にうる星やつらのサインあげてたけれども。

・誰も受けてくれない達也の球を受ける南
原作ではノーコンの達也の球を怖がってバッターボックスに誰も立たない野球部のメンツに代わって、南がバッターボックスに立つ。コレがキャッチャーになっただけで、こうも痛々しくなるものか?原作通りにコントロールの良い緩い球を投げて、南に「本気で投げろ!」と言われてから投げるとかなら、まだ良かったのに・・・。緩く投げてるときですらノーコンで南にぶつけまくり、あげく本気で投げた時には顔面一撃失神KO。長澤まさみが嫌いなんですか?

・新体操部を前面カット
長澤まさみの事務所がレオタードNGでこうなったらしいですが、だったら他の女優を使うかもうちょっとシナリオ考えろよ、と。新体操部がなくなり、しかも野球部をやめることで南が軽いニート状態に。何もせずに「甲子園に連れてって」とか「和也はがんばっていた」とか言われても、「お前はなにかやったのか?」と言いたくなる。せいぜいやったことといえば、須見工の苦手なコースを調べたくらい。これで南が主人公とか言われても、どこが?としかいいようがない。

・上杉母とのカラミ
ストーリーを削りに削ったせいで見所がなくなってしまったために、急遽足したようなオリジナル展開。和也の意思を継ごうとする達也を批判するシーンが描かれている。風吹ジュンのおかげでかなり見れるようになっているが、冷静に考えて南が主人公ならむしろ要らない気が・・・。

・ボクシング部マネージャーと若槻千夏の存在
マネージャーはまだ新田の妹の代わりだろうからまだ分かる。いらないけど。だけど、若槻は一体なにしにきたんですか?役どころは原田の彼女。いらねぇ!意味もねぇ!もっと他の役はなかったんでしょうか?若槻が可哀想だ。

・甲子園決勝の間、常に流れるアナウンサーの声
ぶっちゃけうるさい。解説の代わりのつもりなんだろうが、鬱陶しくてしょうがない。内容がある達也と新田の勝負がちゃんと描けていたらBGMすらいらないはず。

・和也の力を借りて高速スライダーを投げる達也
監督はタッチと間違えてH2を見たんじゃないか?Hスライダーなんか唐突に投げられたらキャッチャーは取れないだろうし、そもそもストレート一本でなんとか決勝まで投げてきた達也と仲間達が素晴らしいわけで、Hスライダーを投げる意味こそがない。和也の姿を見るのは達也、譲っても南まででいい。みんなにその存在を知らせる意味はない。

・最後のストレートを空振りした新田のポーズ
それはひょっとしてギャグでやっているのか?

・ラストの「上杉達也は朝倉南を~」のくだり
これまで散々原作ブレイカーしてきたのに、とってつけたようにおきまりのセリフを吐く。これさえいっとけば、ファンは感激するだろうとでも思っているのだろうか?

・コメディシーンの前面カット
映画だからシリアスにやりたいのかもしれないけれど、どうしたってあだち作品とコメディシーンは切り離せない。切り離せないのに切り離すから不自然が生じる、露骨なラブシーンが生じる。

軽くあげてもこれだけ不満がでてくる。久しぶりの駄作。あくまで個人的にはですが!
明日公開の「ラフ」も予告CM見る限りではダメダメな予感が。
あだち作品で露骨なラブシーンをやられるだけで、嫌になっちゃうわ。もこみちが高校生ってのにも無理があるし。仲間も5人組から2人に減らされすぎ。
[PR]
by b_inmyhead | 2006-08-25 23:50 | 日記