あなたの人生の物語


by b_inmyhead
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

げんしけん

金曜日の日記のトラックバックが・・・「ニートでも億万長者に成れる方法」って。
俺はニートじゃねぇ!ニートじゃねぇえ!(´Д⊂

げんしけん
1~8巻 発売中
木尾 士目




すでにアフタヌーンでは連載が終了している「げんしけん」。てっきり8巻が最終巻だと思ってたら、書き下ろしが足されて全9冊になるそうです。嬉しい限りだねー。
e0052336_22535736.jpg
オタクであることを隠していた笹原は、大学入学をきっかけにある種のサークルに入ることを決意する。「現代視覚文化研究会」、略して「げんしけん」。そこにはオタクの美少年・高坂に恋をしてしまった春日部を筆頭に変わった面子がいて・・・。
e0052336_22593618.jpg
げんしけんは面白い。が、何故面白いかと言われれば答えに困ってしまう。
オマージュネタもあるにはあるが、「ハヤテのごとく」や「絶望先生」には敵わない。では、何故多くの人が「げんしけん」を面白いと感じるのだろか?
大学サークルという狭い空間で、同じ趣味の変わった奴らがアニメやプラモやゲームなどの些細なことに熱中して騒いでいる、この漫画。「遊ぼう!」って構えて遊ぶよりも、「とりあえず何かするか」みたいに流れで遊ぶほうが面白いと感じる時がある。
その面白さを描いたのがげんしけんではないだろうか?こうやってサークル棟があってそこに溜まってしゃべって~みたいなことって社会人になっちゃったら二度とできないことだしね。
e0052336_237230.jpg
そういう楽しさの一環でやっぱり大学生なんだから恋愛関係の話も出てくる。
オタクな高坂に恋をした春日部咲。最初はオタクを完全に否定してた彼女が、徐々に寛容になって彼らと付き合っていく過程がとても面白かった。相手の高坂がレベルの高いオタクってところも笑える。そして密かに彼女に恋をしたのがげんしけん会長の斑目。
表立って高坂と咲が付き合ってるし、自分は今まで2次元にしか興味ないと思っていたので行動はしない斑目。その様子がコメディなのになんだか切なく感じました。
e0052336_23122321.jpg
さらに最新刊では主人公・笹原とヤオイ好きな荻上も付き合いだしました。
荻上は「高校時代、自分の好きな男のヤオイ本を書いてそれを当人に見られた」という壮絶な過去の持ち主だったので、結構ダークな展開も続きましたが・・・。
笹原が器の大きさを見せ付けるような展開で決着。よかったです、結ばれて。この2人の話が結構長かったんですが、それゆえに見ごたえがありましたね。

そういえば、中盤で大野さんと田中も付き合いだしてたね。なんか恋愛漫画の如くですが、ヘタな恋愛漫画見るよりかは「げんしけん」を薦めます。
最終巻は12月発売。特装版も同時発売らしいですが、どうせ売り切れだろうなー( ´д`)
[PR]
by b_inmyhead | 2006-08-27 23:20 | 漫画の感想