あなたの人生の物語


by b_inmyhead
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ハチミツとクローバー 10巻

「有頂天ホテル」見たー。めちゃめちゃ面白かったよ!またYOUが好きになった。

ハチミツとクローバー 10 (10)
全10巻 完結
羽海野 チカ





実はこのblogを作ろうと思ったキッカケでもあるこの作品。
当時、世間では「NANA」ばかりがもてはやされて「ハチクロ」はまだまだ無名でした。私は普通の人より多くの漫画を買ったり読んだりしてます。自分が好きだからというのも勿論ありますが、周りにいる友人や親しい人が薦めてくれたり貸してくれたりする機会が多いというのも理由のひとつにあると思います。これは本当に嬉しいことです。自分の知らない素晴らしい世界を教えてもらっているのと同義ですから。そんな機会を私も少しでも多く与えることはできないか?それが始まりです。・・・・・・・まぁ、宣伝とかは全然してませんが。



e0052336_14253765.jpg
10巻の初っ端からきたあまりにも意外な結末。しばらく呆然としてました。
まさかはぐが花本先生を選ぶとは・・・。いや、まだはぐが選んだ理由はわかる。それが恋愛感情からきたものではないから。絵を描くことが彼女の生きるすべての理由で、森田さんに気を惹かれながらも優先させるべきは絵を描くことだったから。それを森田さんも納得している。
しかし花本先生はいつからはぐを好きになったんだ?いままでは家族愛だとばかり思っていた。っていうかこういう結末を知ってからもまだ家族愛なのだとばかり思っていた。
ただ作中で恋に変わった「境目」があると言ってるからなー。そういうシーンあったかな?
なんにしろ花本先生はかなり好きな人だから、読み終わって数分したら納得した。
e0052336_14382890.jpg
ここからは、この作品をささえてくれた5人にスポットを。まずは森田さん。
復讐を目論む兄に力を貸していた彼。その行為の空しさと意味の無さを知っていた彼は、はぐに恋をし全てを投げ出そうとしましたが、やはり彼も作り続けることを選びました。
最初はあまり好きでなかった森田さんですが、最後身をひく森田さんはカッコよかったです。
e0052336_14485482.jpg
続いて真山。結局この作品で見事逆走完走しなかったのは彼だけでした。他の人はそのまま逆走し続けて突っ走ってましたから。何度山田とくっ付けと願ったことか・・・。
理花さんを支えるような形で彼の物語は完結しました。そして10巻では見事に出番無く、そのせいか番外編では大活躍。・・・まぁ将棋してただけですが。
最後に一つだけ。理花さん泣かしたらただじゃおかねぇ。
e0052336_1453795.jpg
続いて山田。本当に彼女は愛らしく、そして切ない人でした。最後まで。
真山と付き合うことは叶いませんでしたが、最終巻まで彼女の想いは変わらず。でも野宮という相手が見つかりつつあるので、幸せになってほしいです。これだけで違う物語が描けそう。
e0052336_14575262.jpg
はぐ。花本はぐみ。竹本と並んで作中で成長したキャラクターのひとりではないでしょうか?
最初は人見知りな子でしたが、4人の仲間達に囲まれて素敵な表情を見せるようになりました。そして最後、彼女の選んだ結末は予想もしませんでしたが、ここまで強固に自分の生きる意志を持てる彼女は素晴らしいひとだと実感しました。
e0052336_1525038.jpg
最後に竹本くん。この作品で一番好きなキャラクターであり、一番幸せになって欲しい人。
自分探しの旅のあと、はぐに告白した竹本。一目惚れから告白までずっと見守り続けてました。森田さんよりも竹本を応援した人も多いはずです。結果彼が結ばれることはありませんでしたが、その結果すらも彼はすでに悟っており真摯にその事実を受け入れる姿は涙モノです。
特に10巻は竹本の巻といっても過言ではないと思います。上のコマで死ぬほど泣いた。
劇的な成長を遂げた竹本。尊敬すべき人物でした。

こうして終わったハチミツとクローバー。衝撃のラストで一概に感想を言うことができそうにありませんが、素晴らしい作品であったことは事実です。上の5人以外にも花本・理花・原田・野宮に美和子さん、山崎とサブキャラも大好きでした。
この漫画に出会えたことを感謝したい。本当にありがとうございました。

追記
10巻の読みきりが凄く良かったので、そのうち感想書こうかと思ってます。
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-10 15:23 | 漫画の感想