あなたの人生の物語


by b_inmyhead
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

華麗なる食卓 22巻

買い物以降と思ってたら雨ですか!そうですか・・・。

華麗なる食卓
1~22巻 発売中
ふなつ 一輝




毎回楽しみなカレー漫画。最近は作中のカレーを再現できないほど材料がレアなものが続きますが、そこはご愛嬌。それでも巻末レシピはついてくる・・・。
e0052336_129512.jpg
白熱するエディブルファイト。マキトの2戦目の相手は北インドの皇帝・アシム・クマール・デバブラタ!優勝候補No1を相手に出されたテーマは羊勝負。マキトはデバブラタ得意のタンドールで勝負を挑むが・・・。
e0052336_1212564.jpg
前回の更新で注目していたスラダンジャリさんがまさかの表紙デビューですよ!(゚∀゚) 本編でもデバブラタのサポートに大忙し!生地をひいたり、シークをデバブラタに投げつけたり(違う
22巻では前巻で見せた可愛らしい表情は一切無し。あえて言おう、だがそこが良い。
e0052336_12151290.jpg
マキトが出したのは羊づくしの焼きカレー。サウスダウン種のマトンひき肉と羊乳から作られたチーズ、爽快感を増すためのチャットマサラを使って作られたマキトの作ったカレーの中でもかなり高いレベルの出来だと思われます。
それにしてもカレースパイスで臭さが気にならなくなる、ひき肉状にすることで硬さが気にならなくなるという理由からマトン肉を使ってますが、そのマイナス要素を持ちながらもラム肉よりもマトン肉の方が旨いのかなー。マトンが旨いイメージがないから・・・。あとチャットマサラは使ったこと無いなー。一回使ってみようかな。
e0052336_12202474.jpg
対する皇帝・デバブラタは子羊のパイ包み焼きカレー風味。ソルトブッシュホゲットという、塩味を帯びた草を食べることによって独特の塩味を持つラムとマトンの中間の羊を使った料理。
日本人の好みに合わせてお茶の香りを足したり、白味噌を味付けに使ったりと気配り十分。さすが皇帝ですね。ただ、カレーについての説明がサンドライトマトくらいしかなかったから、最初は羊焼いただけじゃん?とか思ったのは秘密だ!
e0052336_1224145.jpg
対決終了後のマキトを慰めるために集まった女性陣もすごかったな。
というか、まさかのヘキル再登場。やっぱり人気があったのなー。まったくどうでもいいですが、私が好きな順は・・・
結維>真尋>スラダンジャリ>陽>ヘキル>国東>八木沢
はい、どうでもいいね。そして女キャラ多すぎ。国東は出番なさすぎ。
[PR]
by b_inmyhead | 2006-10-22 12:29 | 漫画の感想