あなたの人生の物語


by b_inmyhead
カレンダー

<   2006年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

髪を切った後、前髪の無くなったおでこに本棚がぶつかって、傷が出来ました。
チョーイテェー(゚Д゚)エェエー!

e0052336_19483351.jpg奇跡の1冊、発掘。

ハツカレ 9巻
宙のまにまに 1巻
君に届け 2巻




ハツカレ
イブシに引き続いてハシモトくんまで引越ししちゃいましたね。なんというか、遠距離でもチロとハシモトの二人の気持ちは変わらなそうなので、盛り上がりがないと今後は厳しいかな・・・なんて思ってたら、次の巻が最終巻らしいです。それはそれで綺麗にまとまりそうだね。

宙のまにまに
天文部のお話。またしても大御所・マンガがあればいーのだ様のレビュー見て購入。なかなか良質な話と、なんといっても魅力タップリのキャラクター達。特に姫ちゃん!もうだめです。ヒロインの美星とかより姫ちゃんですよ!今後の姫ちゃんに期待~。

君に届け
NANA、ハチクロと最近元気な少女漫画が多い中、それに引き続く作品が現れました。君に届け、第2巻はもう5・6回は読み返してますが毎回泣きながら読んでます。もうね、だめなんです。切なくて、感動して・・・。というわけで、明日は君に届けで(゚Д゚)ノシ
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-30 19:57 | 今週のお買い物

ごめんね!

眠いから寝るね!おやすみ(゚Д゚)ノシ
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-29 23:50 | 日記
さぁ、遅れましたがスマッシュ!特集ですよ。はやいものでもう10話。そろそろ単行本が出てもいいんじゃないかな?・・・先に言っておくけど、同じ本を何冊も買わないからね?
e0052336_0422210.jpg
優飛の顔面を狙った亜南くんに会心の一撃を加えてた翔太。そんな翔太に痛恨の一撃を加える亜南くん。もう先週を見逃してたら、これなんてはじめの一歩?な展開で今週は幕を開けます。
e0052336_044489.jpg
そんな二人の仲裁に入る優飛。えぇ子や・・・(´Д⊂
そして、左のコマの優飛がなんかめちゃめちゃ可愛く見えるんですが!
興奮しながらガッツポーズですよ!読んでる私もガッツポーズですよ!(ダマレ
勝負をつけるならバドミントンで。そして亜南くんすら圧倒する優飛の実力。
e0052336_046197.jpg
しっかも先ほどの亜南くんに対抗して、彼の顔を狙ってくるあたりが憎らしいですね。言葉が喋れない分、プレイで自身を表現する。・・・優飛、おそろしい子。
こんなの見せられたら益々美羽の立場が無いじゃないですk
e0052336_048174.jpg
試合途中で鬼頭コーチに止められて、優飛が妹であることが判明。
やっぱり妹だったか・・・。無難だな。そして優飛のフルネームが鬼頭優飛に決定ですよ。・・・・なんか納得いかねー!そして似てねぇー!
最後に(おそらく)翔太に向けて「優飛に手を出したら殺すから」と忠告するあたりがイイネ。
e0052336_0503297.jpg
亜南くんと二人きりになった翔太は彼に宣戦布告をします。
君のやり方は好きじゃない、だからぼくは君に勝つよ。
コレを聞いた亜南くんは一蹴。今の段階での実力は明らかですからね。相手にされない翔太は強くなることを決意します。
e0052336_0523944.jpg
まぁ、大半の理由が「どうして優飛と対等に打ち合っているのが自分じゃないのか」っていう少々、読者側としては共感しづらいものなので、なんともいえませんが・・・。
でも自分の中では、優飛と美羽と亜南くんに注目なのでまぁそれはそれでいいです。(ぇ?
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-28 23:50 | スマッシュ!
少年マガジン・43号

今週はネギまが凄い盛り上がっていたので、ネギまのみを取り上げてますよ。

「魔法先生ネギま!」

e0052336_033290.jpg
過去に戻ってきたアスナ・刹那、そしてタカミチの足止めをする龍宮隊長。遠距離狙撃+跳弾というコンボがカッコイイですよ(゚∀゚)そして隊長が足止めしている間に、登場したのが・・・
e0052336_036295.jpg
真打・超鈴音。っていうか、周りに機械が飛んでるんですけれども!やばいよーかっこいいよー。PSUのキャスト用のパーツでこんなの出てきたら、キャストキャラ作っちゃいそうだ。
e0052336_0375979.jpg
最後はアスナの説教タイム突入で来週に続く。いやー、盛り上がってるねぇ。
超の周りに飛んでる機械がフィンファンネルだったら、来週鼻血出そう。
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-27 23:50 | マガジン&どうでしょう

眩暈

久しぶりに椎名林檎の名前を私生活で聞いたのでー。
意外と知られていないけれど、この「眩暈」という曲はとてもよい。推します。

ここでキスして。
椎名林檎
2曲目 収録


アルバムにも入ってない曲だから椎名林檎好きな人でも知らない人が結構いる。私の場合は、アルバムの曲を聞きあさってそれでも物足りなくなったので、マキシシングルを借りて知らない曲を聞いていた時期に、この曲と出会いました。
でも最初に聞いたときはあまりパッとしなかった。さらにいえば、このCDの3曲目に収録されている「リモート・コントローラー」の激しい林檎節に心を奪われて「眩暈」の印象は薄かった。
けれども、何度も繰り返しこの曲を聞くうちに不思議と心惹かれるものが在ると感じるようになり、自室でMDプレイヤーをエンドレスで聞いてるうちに体の中の芯が埋もれていくような感覚を得るようになりました。そうなったときは不思議と哀しく、心が湧き上がるようにもがくがそれを表現することは決してなく、どうしようもない気持ちになったのを覚えています。
それを表現するすべを持つ林檎に尊敬の念を擁いていたのもこの頃。
・・・でも東京事変になってからは、あまり好きな曲調の物が少ないのは内緒だ。

眩暈
作詞・作曲:椎名林檎/編曲:亀田誠治

あたしがこんなメロディを口ずさむのはさてどうしてでしょう?
ねぇ、じっくり考えてみて
あたしがこんな言葉を口走るのはさてどうしてでしょう?
ねぇ、ちょっぴり考えてみて

何処迄 堕ちて行っちゃうの
此の身体は
灰色に遠くなる遠くなる空

其の日は確かに地面が音も立てず
あたしの歩みを妨げ揺れて居た

[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-26 23:50 | 音楽の話

殺戮にいたる病

先日買った小説ですが、あまりに面白かったので感想でも。

殺戮にいたる病
我孫子 武丸





「かまいたちの夜」のシナリオを書いた人として有名な我孫子武丸。その代表作であり、叙述トリックの先駆け。そして叙述トリックが仕掛けられてりると悟らせない本文の面白さと鮮烈さ。久しぶりにページをめくるのが辛く、小説にもかかわらず目をそむけてしまうほどのリアルさでした。
というか、この作者人一人くらい殺してるんじゃないだろうかって思えるほど鮮烈。
そして殺人の理由がまた哀しく、常人には理解しにくいもので興味深かったです。
傑作には間違いないが、人には勧めづらい。そんな作品でした。
自分自身の精神に地震がある方は、ぜひ読んでください。
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-25 19:58 | 日記

金魚奏

読んでない小説が溜まってきちゃったよ、コンチキショウ。

金魚奏
1巻 発売中
ふじつか 雪





少女漫画が読みたくて仕方が無い病が発病したので、なにかないかなーとか思ってた矢先にこの漫画のレビューを発見して購入。
e0052336_15141220.jpg
祭りで太鼓を叩いている雅生の姿に一目惚れした飛鳥。クラスメイト・泰生の兄だと知った飛鳥は雅生との再会を果たすが、彼は10歳の頃から耳が聞こえない全聾者だった。それでも雅生を想う飛鳥は積極的にアプローチするが・・・。
e0052336_15173351.jpg
耳の聞こえない雅生に簡潔に何か言ってくれと言われた飛鳥が言った言葉が、
すきですっ。
この言葉から二人が始まったわけです。飛鳥というキャラクターがどんな人なのかというのが、この一言に集約されているような気がします。周りを明るくしてしまうくらいのポジティブシンキング。でも、実は影で悩んだり相当考えたりしてる。こういう子、大好きですね(゚∀゚)
e0052336_15211681.jpg
物語のテーマ的にはやはり健常者と聾者の心の壁が中心になっていると思います。
飛鳥は決して聾者を蔑んだりしているわけではない。が、それが分かっていても自分とは違う世界にいると感じてしまう雅生は、飛鳥を突き放したりしてしまう・・・。
自分が原因で大好きな雅生が傷ついてしまう。これ以上辛いことはないでしょう。
しかし、安易に別れるという選択肢が飛鳥の中ではまったく出てこず、なんとかして彼と連れ添っていこうとする飛鳥の心情が読者の胸を打ちます。えぇ子や・・・(´Д⊂
e0052336_15244393.jpg
1巻最後の飛鳥のこの笑顔にはKO必死ですよ。めちゃめちゃいい子。自分の世界観を壊して、光を与えてくれるような子。それが飛鳥というキャラクターだと思います。
こういう子が寄り添ってくれる雅生は幸せ者だし、彼自身が飛鳥にすがることなく自分の力で彼女と生きていこうとする姿にもとても好感が持てました。

ということで、なかなか良かった金魚奏。なんか本誌で続いているとう話を聞きましたが、真偽のほうはいかに・・・。見てみたい気もするなー。
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-24 15:29 | 漫画の感想
NTTに電話したら、午前中に代わりのVDSL持って来てくれた!やるな、NTT!

e0052336_1636233.jpgあっ、エウレカセブン写すの忘れてる・・・。

金魚奏
不思議の国のアリス <小説>
殺戮にいたる病 <小説>
ひぐらしのく頃に 鬼曝し編 2 <完結>
ガールフレンド 4巻
交響詩篇 エウレカセブン 5巻



不思議の国のアリス
ルイス・キャロルの小説。まぁはっきり言って、ARMS読んだから買ってみたってだけです。ただ、不思議の国のアリスってどんな話だったかまったく覚えてないので、ちょっと楽しみかな。そしてなぜか表紙がはぐ。羽海野さん、何故?

殺戮にいたる病
かまいたちの夜のシナリオを書いた我孫子武丸の代表作。これ小学生の時に読もうかどうか悩んで止めてたんだけど、後輩の子に進められたので購入。

ひぐらしのく頃に 鬼曝し編
毎回そうだけど、このひぐらしも最後が唐突にどんでん返しだったのでちょっとスッキリしない。大体、この結末を予想させようとしてるなら作中に少しでもヒントを書いて欲しいよ・・・。

ガールフレンド
毎回好きあっているけどすれ違う男女の仲を描いたオムニバスシリーズも遂に4巻。にしても、このガールフレンドに出てくる男女は男が圧倒的につらい立場にいると思うのは私だけ?
今回収録されてる中では、act.17が一番好きかなー。・・・マニアックですか?

交響詩篇 エウレカセブン
そういえば買ってたね。まぁ、あと1巻で最後らしいので最後まで買いますよ、エェ。にしても、テレビとのギャップがすごいな。ドミニクの。

金魚奏
大御所サイトであります、マンガがあればいーのだ様のレビューを読んで購入。というか、レビューの最初の文章を見ただけで購入ですよ。だって好きなんだもん、この手の話が!
そういうことで明日は金魚奏で(゚Д゚)ノシ
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-23 16:48 | 今週のお買い物

おはデニッシュ

NMRを取り終わった後に教授から指導が。っていうかさ、それって簡単に言ってるけど来週私に死ねって言ってるのと同義だよね?あー来週が怖い・・・。

とか思いながら帰って、ようやくPSUやれると喜び勇んでネットに繋げたら、NTTからレンタルしてるVDSL装置がぶっ壊れましたよ、コンチキショウ。
何!?みんなして私のことイジメルの!?毎日12時間強も研究室で実験してるんだから、終わった後くらいPSUやらせてよ!

もうどういじっても直る気配0なので、諦めてご飯を買いにスーパーへ。
そしたら変なモンがあったよ!
e0052336_16325260.jpg
おはデニッシュ。
おはぎ+パンという、もう企業戦略がヘタな社長が作ったようなお菓子。というか、パン。
そういえばお彼岸だね・・・。もう見た瞬間にコレblogのネタだ!と思ったんで買いました。

案外美味しかったです。社長、やるな!
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-22 23:50 | 日記
掲載順位が後ろになってきても気にしません!週刊スマッシュ!増刊号。
今週は、亜南くんの週です。やらかしちゃってるよ・・。
e0052336_126568.jpg
先週のラストに優飛との再会を果たした翔太。でも、優飛は翔太のことを覚えてませんでした。・・・ざまぁみろ、翔太。一回打った位で、親しくなりすぎなんだよっ(゚Д゚)
e0052336_1285522.jpg
一方その頃。翔太を心配する美羽に突っかかる亜南くん。翔太より実力がある美羽が心配する様子を見て、バドミントンは戦いだと考える亜南は面白くない。
馴れ合いでは勝ち残れない、強くなるには同情はいらない。
決してそんな見下しているつもりはない美羽ですが、言い返すことができません。実際、純粋に翔太を心配しているだけではなく、優飛に対する嫉妬の面もありますからね。
そして亜南くんは言います。「お前こそバドなんかやめちまえ!」
e0052336_1322427.jpg
ビンタ一閃。やっぱりフラグたってるよなぁ・・・。
その場を走り去る美羽に、「泣くのが嫌なら本気になるんじゃねぇ」とポツリと残す亜南くん。コレってバドに対してなのか翔太への想いに対してなのか・・・。どっちでしょうね?
e0052336_1342881.jpg
場面変わって、優飛の名前も知った翔太はご機嫌。一緒にバドミントンをやってます。
・・・美羽があんな目にあったっていうのに。翔太め・・・、ゆるさんぞぉ(゚Д゚)
こんな時には彼に頼るしかない。そう!読者と同調してくれる亜南くんに頼るしか!
e0052336_1362556.jpg
思い通り!(デスノート
さすが亜南くん!こちらがやって欲しいと想っていることを必ずやってくれる!そこにシビれるぅ!あこがれるぅ!
なんだよ!花畑って!っていうか優飛馴染むの早すぎだよ!結構明るい子なのかしら?
そんな翔太に亜南くん、キレ気味。
e0052336_138131.jpg
そりゃキレるよな!?
宮崎アニメ気取りかよ!くそっ、ムスカさん翔太にラピュタのイカヅチを!
そんなこんなのやり取りの後に落ち着いた亜南くんは思い出します。以前翔太が言っていた「亜南くんと同じくらいうまかった女の子」、それが目の前にいる優飛であることを。
e0052336_1412225.jpg
優飛に勝負を申し込む亜南くん。
バドミントンをやる限り、どちらが上かどうかを競うのは避けられないこと。それを知ってる亜南くんは、勝負へのこだわりを見せます。対する翔太は彼女を庇おうとするが・・・
e0052336_1432664.jpg
実力の無い奴が口を出す権利は無い。
あくまで実力主義の亜南くん。さすがにここまでいくと傲慢とも取れかねませんが・・・。そしてこの言葉にムッとしたのは翔太ではなく、優飛。そして二人は勝負することに・・・。
実力者同士の試合に緊迫した空気が流れますが、優飛がリターンをミスってそのスキを見逃さない亜南くん!シャトルは打ち返しにくい急所の一つ・・・
e0052336_1462844.jpg
顔面に向かって打たれました。
まぁ、女の子に向かってコレはないだろうと最初は思いました。でも亜南くんからしたら、ただ打ち返しにくい顔を狙っただけのことで、勝とうとする亜南くんの気持ちの表れです。
さて、これから試合の方はどうなr・・・・・






「亜南!!」







( ´д`)ほぇ?






e0052336_1491035.jpg
エェー!!!!!!!
翔太っ、おまっ・・・・なにしてんの!?殴っちゃったよ!?

色んな意味で来週が気になります。予想としては
あくまでスポーツをしていただけの亜南くんと優飛、なので優飛が翔太を怒る。
に、100メメタァ。
[PR]
by b_inmyhead | 2006-09-21 23:50 | スマッシュ!